ワイシャツの襟汚れにはパパイヤ石鹸
スポンサーリンク

フィリピンの定番みやげのひとつ「Silka(シルカ)パパイヤ石鹸」。
美白効果があるということで、セブ島に行った際、現地のスーパーで購入しました。値段はたしか35ペソくらい(日本円で74円ほど)。

洗顔のために購入したので、帰国してすぐに洗顔してみました。
すると、初めて使った日は、顔から角質がボロボロと取れてくるという、パパイヤの威力に目からウロコでした。

その後も毛穴の汚れがスッキリして、いい感じだなあと思っていたのですが、私はちょっと肌のカサカサが気になりだしたため、使用を中断していました。

そんなとき、ふと、この石鹸なら頑固なワイシャツの汚れも落ちるかもと思いつき、さっそく試してみると、予感は的中!
汚れがきれいに落ちました。
日本で買うとちょっと高いですが、フィリピンに行ったら安いので絶対買うべきだと思います。


Amazonで見る

ワイシャツの襟汚れの洗い方

まず、汚れたワイシャツを用意しましょう(笑)
汚い画像見せてスイマセン。

ワイシャツの襟汚れ
ワイシャツの襟汚れ

洗い方は、最初に、襟や袖口の汚れている部分をぬるま湯に付けます。

そして、パパイヤ石鹸を直接こすり付けてから、もみ洗いします。

ワイシャツの襟汚れにはパパイヤ石鹸

もみ洗いした後、ぬるま湯で洗い流してみて、もし取れていないときは、もう1回パパイヤ石鹸を塗って、再度もみ洗いしてください。
その後、洗濯機で普通に洗濯するだけです。

ほんの少し汚れが残っている程度なら、その後の洗濯(洗濯機)で、きれいに落ちます。あまりにも古い汚れは無理ですけどね。

洗い上がりの写真はコレ

これが、洗濯して乾かした後の写真です。
ワイシャツの襟汚れにはパパイヤ石鹸
汚れが取れて、真っ白~!きれい~!
とは言え、よーくよーく見るとほんとに薄っすら汚れがあるんです。
ほとんどわからないくらいの汚れが。
でもこのワイシャツは、今年で3年目なので、昔の汚れがほんのり残っているのかもしれません。

とにかく、
パパイヤ石鹸は、襟汚れ、袖口汚れがほんとに気持ちいいくらい落ちます

パパイヤ石鹸を血液のシミにも使ってみた

血液のシミ、これもなかなか取れませんが、先日、耳を怪我している夫の枕に血がいっぱい。
気持ちわるい写真で恐縮です。
パパイヤ石鹸で血液のシミは落ちるか?
これも、パパイヤ石鹸で洗ってみました。
洗面所で水で濡らしてから、パパイヤ石鹸をつけてもみ洗いをしました。
すると、ほぼわからないくらいに落ちました。
パパイヤ石鹸で血液のシミは落ちるか?
その後、すぐに洗濯機へ入れて、洗濯したらすっかり落ちてきれいに!!
パパイヤ石鹸で血液のシミは落ちるか?
1回しか実験していないので、もしかすると、翌日すぐに洗ったこと、血液が薄かったことなど、取れやすい環境だったのかもしれません。
とりあえず、今回はすっかり落ちました。

パパイヤ石鹸でカレーのシミも洗ってみた

調子にのって、Tシャツについたカレーのシミを洗ってみました。
パパイヤ石鹸でカレーのシミは落ちるか?

洗面所で、ぬるま湯をつけて、もみ洗いを2度しました。
パパイヤ石鹸でカレーのシミは落ちるか?
結構残っています。
パパイヤ石鹸でカレーのシミは落ちるか?

その後、洗濯機で洗濯しましたが。結局、カレーのシミは薄くはなりましたが、落ちませんでした。

パパイヤ石鹸で汚れが落ちるかの結論

パパイヤ石鹸は、
ワイシャツの襟汚れには、おすすめできます!
血液のシミは、1回の実験ですが、落ちましたので試してみる価値ありです。
カレーのシミは落ちませんでした。

あと、洗顔に使っている方は、洗顔時に残った泡で洗面台もついでに洗ってみてください。洗面台も汚れが取れて、ツルツルになりますヨ。
次セブ行ったら、もっとたくさん買ってこなくてはいけません。


Amazonで見る

スポンサーリンク
おすすめの記事