食器用洗剤

食器用洗剤、スポンジに直接つけて洗っていませんか?
食器用の合成洗剤は、薄めて使うことで、節約になるだけじゃなく、手荒れも減っていいことずくめです。ただし、水と混ぜると洗剤に菌が湧いてしまうこともあるので、注意は必要。
だけど、それさえ気をつければ、3つのいいことがあります。ぜひお試しください。

今回の記事ではCMでよく見る「しつこい油汚れがすっきり落ちる・除菌」などをウリにした台所用合成洗剤を対象に書いています。
スポンサーリンク

その1・水道代、ガス代が節約になる

薄めた洗剤をスポンジにつけて洗うと、すすぐ回数が減るので、水道代やガス代がすごく減ります。水道代や、ガス代といった光熱費だけじゃなく、すすぐ時間や洗剤代も節約になります。

マニ子
水道代・ガス代・時間・洗剤代の4つも節約になるなんてうれしい!
もしかして、台所の電気代もトクかも。

その2・手肌にやさしい、手荒れが減る

洗剤を直接スポンジにつけると、手にもダイレクトに濃い洗剤がついてしまいます。
洗剤を薄めて使えば、手につく洗剤も薄くなるので、手荒れが断然減ります。

マニ子
ゴム手袋をはめるのが苦手なマニ子にはうれしいな。

その3・泡切れよし、洗剤残りなし

食器に洗剤が残っていると、そのまま体にも洗剤を取り入れることになります。
健康被害とはならないかもしれませんが、あまり気持ちのいいものではありません。
スポンジに直接洗剤をつけて洗っていたときは、すすぐのに時間がかかる上、落としたつもりでも、お茶をそそぐと泡立ってしまうなんてことが、多々ありました。
洗剤を薄めて使ってからは、泡切れが早いのはもちろん、洗剤残りが激減しました。

マニ子
そう言えば、夫に「水筒のコーヒー洗剤の味がしたよ」って言われたことが。
家族の健康を守らなくちゃね。

食器用洗剤を薄めて使う方法

洗剤を薄めて使う方法は、洗剤をお水で5~6倍に薄めて容器に入れるだけ。

ただし洗剤は水で薄めると、変質したり、菌が湧いてしまう可能性があるので、2~3日に一度は使い切り、容器を洗います。
また、スポンジや布巾の除菌をするときは、メーカーの説明通りに薄めずに使いましょう。

マニ子
マニ子は容器を洗うのも面倒やから、お椀にその都度作ってみよかな。

薄めた洗剤で汚れは落ちるの?

結論から言うと、汚れはしっかり落ちます。
脂っこいもの以外は、かなり薄くて大丈夫。
脂っこいものは濃いめにすればいいのです。

ちなみに洗剤の説明を見ると、「濡れたスポンジに1-3mlの洗剤をつけて洗う」と書かれています。
つまり、もともとスポンジの水で洗剤を薄めて使うようになっています。
ただ、濡れたスポンジに洗剤を垂らして、スポンジをクチュクチュしても、均等に薄めるのはむずかしく、洗剤の濃い部分が、食器や手についてしまいます。

だから、あらかじめ水で薄めた洗剤をスポンジに吸わせた方が早いのです。
また、濃すぎる洗剤で洗うのを防ぐことができます。

まとめ

食器用洗剤を薄めて使うと、一石三鳥!

1. 光熱費と時間の節約になる
水道代、ガス代、時間、洗剤代が節約になります。

2. 手荒れが減る
洗剤の原液より、薄めた方が手にやさしい。

3. 洗剤残りが減る
食器に残った洗剤を、身体に取り込んでしまう心配が減ります。健康にもいいってことですね。

ただし、洗剤を薄めたものは、時間が立つと変質したり菌が湧く可能性もあるので、短期間で使い切るようにしましょう。

この先、何年も続く、食器洗い。
節約効果、美容効果、健康効果は底知れずかも。

スポンサーリンク
おすすめの記事